【北朝鮮・次のミサイル発射日はいつか】防衛対策・威力・Jアラートについてご紹介

【北朝鮮・次のミサイル発射日はいつか】防衛対策・威力・Jアラートについてご紹介
8月29日(火)の午前6時頃に、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射しました。多くの日本人の方が驚かれたと思います。幸いこのミサイルによって怪我人は出ておりませんが、いつ日本に着弾してもおかしくない状況になっています。

今回は、自分の身をミサイルから守るためにもミサイルが発射されたときの対処方法をご紹介します。
また、過去のミサイル発射日から検証して「次のミサイルの発射日」を推測してみたいと思います。


スポンサードリンク

北朝鮮弾道ミサイル発射日 直近半年間の発射日時

ミサイルから身を守るためにも、次にいつミサイルが発射されるのか分かっていたいものです。

次のミサイル発射日を推測するためにも、まずはこれまでの発射日について見てます。まとめてみました。

■北朝鮮 弾道ミサイル 発射日時(直近半年)
2017年8月29日(火) 午前6時50分頃
2017年8月26日(土) 午前5時57分
2017年7月28日(金) 午後11時42分
2017年7月04日(火) 午前9時39分
2017年6月08日(木) 未明
2017年5月29日(月) 午前5時40分
2017年5月21日(日) 午後4時59分
2017年5月14日(日) 午前5時28
2017年4月29日(土) 午前5時30分頃
2017年4月16日(日) 午前6時21分
2017年4月05日(水) 午前6時42分
2017年3月06日(月) 未明
2017年2月12日(日) 未明

最近になるにつれて、ミサイルの発射回数が増えてきているのが分かります。直近ですと月に2〜3回は発射されています。

このペースでいくと、9月も2回か3回は発射される見込みです。

曜日別に見ますと、日曜日が最も多い発射回数です。次に月曜日と火曜日が多いようです。

時間ですと、が圧倒的に多いですね。午前5時から6時の時間帯での発射時間が多いです。

これまでのミサイル発射履歴をまとめすとこうなります。

■これまでの北朝鮮からのミサイル発射日の特徴3つ

・月に2回〜3回発射されている
・曜日だと日曜日が多い。次に月曜日・火曜日
・発射時間は5時から6時の時間帯

次の北朝鮮ミサイル発射日はいつか?

以上を踏まえまして、次の北朝鮮からのミサイル発射日を推測しますと、以下の日時が怪しいです。

■次のミサイル発射候補日

・9月03日(日) 午前6時頃
・9月10日(日) 午前6時頃

・10月15日(日) 午前6時頃
・10月22日(日) 午前6時頃

といったところではないでしょうか。

日曜日が多く、朝が早いということでしたので、これらの日時を推測してみました。


スポンサードリンク

ミサイルが発射されたら。ミサイルからの防衛方法とは

さて、実際にミサイルが発射されてしまったら、どのようにして身を守るのが最適なのでしょうか。

8月29日にミサイルが発射されたとき、朝の情報番組では、このように案内されていました。

■ミサイル発射時の情報番組での案内

「頑丈な建物や地下に避難してください。」政府より

と、いたってシンプルな呼びかけですね。

ネットではどうでしょうか。探し見ると、政府が弾道ミサイルが飛んできた時の対処方法を動画にしていました。

そこでは、このようなことが書かれています。

■弾道ミサイルの防衛方法(政府の動画より)

(屋外にいる場合)
頑丈な建物や地下に避難してください。

(近くに建物がない場合)
物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

(屋内にいる場合)
窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください

こちらの動画は以下からご覧いただけます。

続いてのページでは、弾道ミサイルが発射されてから「何分で爆発するのか」や「威力」についてご紹介しています。


スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)